News
プロフィール
SevensGate
  • Author : SevensGate
  • 遊戯王オンラインで活動するチーム“SevensGate”のブログです。
  • ※ただいまメンバーは募集しておりません。
  • ★管理ページにログイン
  • ★交流戦のお申し込みや何かございましたら下記の掲示板をお使いください。
  • ※交流戦のお申し込みの際は、
    日時場所ルール人数を提案の上お申し込みください。
    大まかな予定だけ書いていただければお互いスムーズに進められると思います。
    詳細はYO内の赤字等で決めましょう。
遊戯王ONLINE・攻略ブログ
カレンダー
« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
デュエルパス
新着記事
コメント
カテゴリ
トラックバック
アーカイブ
検索

ブロとも
その他

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中々ネタが見つからず放置気味だったので久々に記事を書いてみました。
相変わらずデッキ系ばかりですがw

新デッキ:スキドレ・アマリリスカウンター<メタビ調>

スキドレアマリリスカウンター 
或いは【スキドレバルバロス】【スキドレアマリリス】など《フェニキシアン・クラスターアマリリス》と
ヴォルカニック・カウンター》を組み合わせて相手のライフポイントに対して異様なプレッシャーをかけるデッキです。
OCGでは《月の書》が制限を受けており近いうちにオンラインも受けるだろうと想定して組んだデッキです。
そうなると、《ADチェンジャー》起動⇒《メタモルポット》リバース⇒チェーン《月の書》といったぶん回しコンボを視野に入れるのが難しくなり、速度制限を課せられた感が強いです。
いかにデッキを掘り下げていくかが課題であることは相変わらずと言えども多くのデッキと対戦していくに当たってメタビートの要素を呈して行くのが正解じゃなかろうか?と言う結論で以上の感じに仕上がりました。

デッキ概要・回し方
フェニキシアン・クラスター・アマリリス》と《ヴォルカニック・カウンター》の効果ダメージを組み合わせたデッキです。
ヴォルカニック・カウンター》複数枚の効果を発動させる事による致死量級のダメージに《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を合わせる事で相手の動きを完全に抑制させる或いは相手に文字通り自爆を強要させるコントロール性を持ち合わせており、相手LP800以下の盤面でズラリと並ぶ《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》の列は死の宣告と言うよりレベル1デス

墓地に効果のあるモンスターが満載の為、手札から或いはデッキから墓地へ送るカードが中心となります。
針虫の巣窟》を筆頭に《カードガンナー》《手札断殺》《トレード・イン》ひいては《コアキメイル・グラヴィローズ》までも利用して相手のLPを削りきる墓地を作り上げて行きましょう。
デッキを削るスピードが速ければ速いほど強いデッキなので、安定性を犠牲にしすぎない程度の速度で(やや矛盾してますが・・)を目指して構築するのが正解です。

安定性を語る上で《針虫の巣窟》や《カードガンナー》は運任せなので確実に落とすカードは《おろかな埋葬》と《コアキメイル・グラヴィローズ》位しかありません。

スキルドレイン》を採用した理由
1:《月の書》が制限になると《ADチェンジャー》が使いにくくなってしまう。
2:現環境下で生き残る為が主な理由です。

スキルドレイン》は《トレード・イン》との絡みも相まって《神獣王バルバロス》との相性が良いのと、墓地起動型モンスが多いので採用に至りました。《コアキメイル・グラヴィローズ》や《メタモルポット》の効果は期待できなくなりますが相手への影響力くを考えれば微々たるものだと思います。

今までのアマリリスカウンターもフリー対戦で断られる強さを持ってましたが、今回のはより実践的になったと思います。

スキルドレイン》発動時の注意点

コアキメイル・グラヴィローズ》の維持コストは無効にならない
クイック・シンクロン》のシンクロ縛り、シンクロン代用効果は無効にならない
椿姫ティタニアル》・《ローンファイア・ブロッサム》は自身をリリースすることで効果を発揮できる
カードガンナー》は起動コストの為、コストを支払うことができる
 いじょ デッキ解説でした。    FTestarossa












スポンサーサイト

久しくネタが思いつかず放置気味だったのですが、新シーズンに入ってそれなりの成績を残したデッキ・今開発中のデッキを幾つか紹介します。
 
まず始めに今シーズンイベントにて7割の勝率を出したデッキを紹介。
デッキ名:コアトス 

コアトス




ダーク・シムルグ》と《平行世界融合》を組み合わせたデッキです。厳密にはこの2枚のカードの組み合わせてではありませんが、墓地と除外を上手く組み合わせて絶えず大型モンスターを展開できるデッキになっています。

デッキの動き

このデッキは多段ギミックの仕込まれた、一定の動作を持つデッキです。《ダーク・シムルグ》や《ミラクル・フュージョン》《邪龍アナンタ》で墓地のモンスターを除外し《ガーディアン・エアトス》や《平行世界融合》につなげるデッキとなっています。 

邪龍アナンタ》はその効果で絶えず相手のモンスターを除去していくと見せかけて《エーリアン・ブレイン》のコストとして運用しましょう。相手の度肝を抜くことができます。 総じて、このデッキは大型モンスターをフィールドに絶やさないデッキと言えます。《ミラクル・フュージョン》で融合召喚したモンスターがフィールドから消えたら《ダーク・シムルグ》を出し、それが消えたら《平行世界融合》…などといった具合に、相手の処理速度を越える量のモンスターを展開していきましょう。
 
あとがき

往年の【ケツァルコアトル】のリメイクデッキです。その中でHEROが加わってしまい、本来のコンセプトからは逸脱してしまっていますが……。もし【ケツァルコアトル】としての鳥獣+爬虫類というコンセプトを維持したいのであれば、加えるのは《ガーディアン・エアトス》くらいでいいと思います。《邪龍アナンタ》+《ガーディアン・エアトス》→《ダーク・シムルグ》のコンボを許さないという人はそういないと思いますので。


続いて2つ目のデッキは過去にフレにデッキを貸したら、見事13連を達成したデッキのリメイク版です。

デッキ名:アマリリスカウンター

アマリリス・カウンター 

【一角カエル帝】から《ADチェンジャー》の即効性に注目しています。

墓地へ送った後、その直後から効果を発動しゲームから除外できるため、そのデッキにおいては(メインでデッキに入ってないですが)《異次元の一角戦士》で特殊召喚するモンスターを無理やり呼び出したり、このデッキにおいては《メタモルポット》を強制反転して効果を発動し、そこでドローした《月の書》を利用してさらにドローを狙ったりすることができます。もちろん、このデッキにおける《ADチェンジャー》の即効性はこれだけに留まらない。

というのも、以前からこのデッキは"攻撃力の低いモンスターで自爆特攻し《ヴォルカニック・カウンター》によるフィニッシュを狙う"という決め手を持っていたのですが、この一手は微妙な防御力を持つモンスターを守備表示で置かれるととたんに殺傷力が激減するという弱点を持っていました。

ここに《ADチェンジャー》の登場する事によって、自分の都合がいい表示形式の相手に自爆特攻を仕掛ける事が可能になり、スムーズに詰め攻撃へと転じる事が可能になりました。

また、《月の書》と《ADチェンジャー》のコンボは《メタモルポット》だけでなく《ライトロード・ハンター ライコウ》でも良いし、魔法罠に限定すれば《ADチェンジャー》と《ライトロード・マジシャン ライラ》とのコンボで相手の場を壊滅させる事も可能です。

調律》を採用した形にしないのならば、こういう形の【アマリリスカウンター】が良い具合なんじゃないでしょうか。
ADチェンジャー》の効果が混ざると劇的に速さが増したように感じます。
メタモルポット》即反転は中々強力です。

最後に今開発中のデッキを紹介。
デッキ名:チャルアイーター
チャルア・イーター 
このデッキは《タイム・イーター》によるメインフェイズ1スキップに《地縛神 Chacu Challhua》のバトルフェイズスキップ効果を加えて、「相手にドロー、スタンバイ、エンドフェイズしか行わせない」というデッキです。

その根幹となるカードは《ミラクル・フリッパー》。戦闘破壊され相手フィールド上に特殊召喚された《ミラクル・フリッパー》を《タイム・イーター》で戦闘破壊し続ける事で、相手に非常に強力なロックを仕掛ける事が可能となります。

メインフェイズ1とバトルフェイズをスキップさせられるとモンスター・魔法・罠をプレイするタイミングをほぼ全て失い、スタンバイフェイズに発動できる速攻魔法しか使用できなくなります。

(フリーチェーンの罠を発動する事はできますが、セットするタイミングはありません)。これを相手に強制するチャルアイーターのコンボが発動すればまず負ける事は無いでしょう。

このロックは《ミラクル・フリッパー》が必須カードとなるため、《ミラクル・フリッパー》をサーチする手段は確実に必要になります。このレシピでは《見習い魔術師》を採用していますが、《シャインエンジェル》といった選択肢も良い感じのよう。

プレイ手順としては、まず《ミラクル・フリッパー》を戦闘破壊させ相手フィールド上に特殊召喚→《タイム・イーター》で《ミラクル・フリッパー》を破壊しメインフェイズ1をスキップさせる→《地縛神 Chacu Challhua》を守備表示で場に置き、さらにバトルフェイズをスキップさせると言った形になります。


上級以上のモンスターを複数利用し、さらに《ミラクル・フリッパー》やフィールド魔法の存在と言った前提条件が必要なため、達成のかなり難しいコンボになりますが、完成すれば負ける手段が無くなるほど強力なコンボとなります。
 
以下個別カードの解説。
 
覇者の一括》 …《覇者の一括》+《タイム・イーター》で簡易ロックを仕掛けられる。一応ながら実質相手のターンを1つ飛ばすコンボとなるためそこそこ強力です。
 
魔宮の賄賂》 …チャルアイーターのコンボが発動した後は、相手の手札にあるカードで脅威になるものが《冥府の使者ゴーズ》や《トラゴエディア》しかないため、コンボの完成が近い地点では相手の1ドローが全く脅威ではないような気がするので採用。

偉大天狗》 …バトルフェイズをスキップさせるカード。ロック力は低いですが、要所要所で相手の攻撃を止められるので、役に立てる場面もちらほらとか。

随分長くなってしまいましたが、今シーズンのデッキの一部を紹介しました。
                FTestarossa

テーマ : 遊戯王ONLINE
ジャンル : オンラインゲーム

ガンスリング6連カードを3枚ゲット出来たので、それを用いたデッキを作ってみました。


デッキ名:エキセントリック/バスター

Eバスター0517


 このデッキは《エキセントリック・ボーイ》を中心としたデッキとなっていて、それやその他のカードを駆使して大量のモンスターカードを墓地に溜め込み、それを《貪欲な壺》などカードのために利用します。
 《エキセントリック・ボーイ》は《サンダー・ドラゴン》・《THEトリッキー》と組み合わせる事で即座にレベル8シンクロを行えるので、それにより《スターダスト・ドラゴン》をシンクロ召喚し即座に《バスター・モード》を発動する事で《スターダスト・ドラゴン/バスター》の速攻召喚を狙うデッキです。
また、《クイック・シンクロン》の存在が魅力的で、《ジャンク・ウォリアー》や《ターボ・ウォリアー》などのシンクロモンスターをこのデッキの基本アタッカーと呼ぶ事もできます。

このデッキでガンスリングに出撃したのですが・・・・

全然勝てNEEEE!

デッキに★5モンス6体入れてるのに5ターン引かないとかマジで有り得ませんよww
そういえば、《スターライトロード》が実装されてなかったな~アレが無いと安定は難しいかもしれないです。というか、私のプレイングが(´・ω・`)なだけかも知れませんがw
どちらにせよもっと精進する必要が有りますねww
           
                  FTestarossa

テーマ : 遊戯王ONLINE
ジャンル : オンラインゲーム

お久しぶりです~ミルキーですw

GW終わってINしてみたらトリシューラが実装されていてビックリw
早速デッキを調整してみましたw

一応メインデッキとして使用しています。今度ライムさんに頼んでプロフィールの載せていただきたいなw

デブリダンディ☆

デブリドラゴンとダンディライオンを採用するデッキと言ったらYOではクイックダンディが最もメジャーな存在で高い人気を誇ってると思います。

しかし私はあえてこのデブリダンディを推したいと思います。理由としては、、

クイックシンクロンからドリルWのトークンループは確かに強力ですが、クイックシンクロンを採用するにあたり、クイックシンクロン3(場合によっては2もこれから多くなるが)とVバレット3のスペースが必須になってくる為、若干キツくなってしまいます。
さらに貪欲な壷が3枚入れられないこともあり、Vバレットが腐りやすいということも多くの場面で見られます。

その点、ドリルWをすっぱり諦めることで安定性をあげているのがこのデブリダンディです。
爆発力、展開力をリミリバで補強してみました。若干、TOKYOデブリと呼ばれる型を意識してあります。

ではクイックダンディに採用されにくいカードを中心に解説していきます。

一番初めに目につくのがトラゴエディアかと思います。

このカードの採用理由は、とにかくトリシューラにつながるパターンは多ければ多いほどいいこと。さらに他のカードとの組み合わせを意識しました。

スポーアの効果と絡めれば比較的シンクロの選択肢も広く、ダンディライオンとトラゴ、それとスポーアでトリシューラをだせればデブリ同様の動きにもなりますねw


もう一枚はポリノシス。これはおススメカードです。

YOの環境ではすごく期待できる1枚かと思いますw
パーデクや1キルの存在や、同系のデッキ対策とホントに優秀なカードですw
しかしなんといっても大人気のカエル帝へのメタになること。これが一番大きいです。

黄泉リリース帝召喚→ポリノシスでダンディリリース

これが決まると相手はデブリ1枚で出てくるトリシューラを意識せざるを得ないので守りのための粋ガエルを場に出しにくくなるはずです。帝に場アドを取らせないでこっちが逆に取れる状況を簡単に作れるということですねw
またこちらとしても場の薄い帝相手なら安心してトリシューラを投げることができますw



とにかくトリシューラに繋がるパターンが多ければ多いほどいいのですが、せっかくのトリシューラを無駄に狙っていくことばかりではなく、場をみながら薔薇やスタダを従来どおり出すことも考える。これが本当に大切です。

トリシューラを出す場合は効果成功で有効なのを除外+戦闘できるタイミングでのみ出していきたいですね。


別視点でトリシューラに注目してみるとこんなデッキもありかとおもいますw

デブリディーヴァ


ディーヴァはトリシューラを意識するにあたり、大変優秀でトマトとディーヴァで出すことが可能です。
枚数的にもデブリダンディと同枚数なこの2枚。トリシューラに繋がるデッキコンセプトとして、結構ありかなと思います。


クイックダンディだけでデブリダンディの考えが纏まっている人は試してみてはどうでしょうか?w安定性が断然上なので扱いやすいデッキだとおもいます。また、他にも様々植物軸やヒーロー軸といったデブリダンディもありますので是非~♪



次回はこの前FTさんに褒めていただいたネタよりのガチデッキ、ディーヴァ雲をうpしたいとおもいますw

テーマ : 遊戯王ONLINE
ジャンル : オンラインゲーム

DT7が実装され、ドラグニティが強化・魔轟神が完成形になりつつある環境になりました。
それに伴い、私自身今まで使っていなかったタイプのデッキ二つを試行錯誤しながらプレイしてます。
そのデッキを紹介します。

デッキ1:魔轟神獣
魔轟神獣0428

このデッキは1ターンに3・4回ほどシンクロを行うことが可能であり、1キル特化にしたタイプなので安定性のあるチマチマしたデッキに弱い傾向があると思います。
《氷結界の龍ブリューナク》・《魔轟神レイジオン》・《魔轟神ユニコール》・《エンシェント・ホーリーワイバーン》これらを即座に並べて速攻で相手ライフを奪うというコンセプトです。


デッキ2:ミラ魔轟神
ミラ魔轟神


このデッキはシンクロ・融合モンスターの大量展開によって1キルを狙い相手のライフを即座に奪い切るタイプのデッキです。【魔轟神】が持つ《氷結界の龍 ブリューナク》+《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》+《魔轟神レイジオン》などのような1キルパターンに《ミラクル・フュージョン》が加わる事により《魔轟神レイジオン》からの2ドローで《貪欲な壺》を狙う場合よりも遥かに攻撃的になっています。
 《E・HERO アイス・エッジ》の効果も魔轟神獣との相性がかなり良く、《魔轟神獣ケルベラル》を墓地に捨てて効果を発動することで《魔轟神ケルベラル》と《E・HERO アイス・エッジ》による《魔轟神レイジオン》のシンクロ召喚を狙ったりする事ができるようになっています。
さまざまな点でこちらの方がデッキとしての強さ・安定性は上の様な気がします。

どちらもまだ、プレイングに慣れておらず勝率がまだ安定しません。
そこは練習して慣れていくしかないでしょう。
また、除外・次元は【魔轟神】の弱点ですが、《平行世界融合》が実装されればデッキ2は鬼神の如き強さを得るデッキだと思います。
  FTestarossa





テーマ : 遊戯王ONLINE
ジャンル : オンラインゲーム

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。